トレーニング,ブログ

ランニング2

こんにちは!

大阪市平野区地下鉄谷町線出戸駅すぐにある

パーソナルトレーニング、

インドエステ、マッサージ、

酸素カプセルの複合施設

アイルダイエー長吉店の武内です(*^_^*)

 

前回の続きでベアフットランニング(裸足)と、

ショッドランニング(靴)の

バイオメカニクス的差異について。

 

なんとなくわかりますが、

一番の違いは足の接地期ですね。

 

ショッドランニングでは脚後部

かかと接地が利用されるのに対して

ベアフットランニングでは足中央部~

前部の接地になるようです。

この接地姿勢はストライド長を短縮し

ストライド頻度(ピッチ)を

増加させるそうです。

 

この違いによって、

腓腹筋とヒラメ筋の予備緊張が高まり

着地に伴う衝撃を予期して

衝撃力を低下させたり、

足関節底屈筋がより制御された

足前部接地により伸張性筋活動を

行って身体を下げることが

可能になるそうです。

 

わかりにくい部分もありますが

ベアフットランニングでは

ピッチの増加によって接地時間

遊脚時間、ストライドの継続時間

の短縮につながり、ストライド長、

重心の垂直変位制動衝撃、および

瞬間的な衝撃力を減少させるそうです。

 

さらにもう一つ重要な違いは、

ベアフットランニングは

地面との直接接触を可能にして

フィードバックを増大させる。

足底の無毛性の上皮は、

ベアフットランニング時に

発生する可能性のある

擦過傷に耐えれる程で、

痛覚闘値が高く、

感覚フィードバックも高いとの事。

フィードバックが高いと、

衝撃を吸収してその伝達を

減少させる足の内在筋筋収縮を

活性化させるそうです!

 

ベアフットランニングはシューズによる

受動的な外部サポートを取り除くことによって

足の筋組織による内部サポートに切り替えるので

靴を履いていては使われない

筋肉も使われるようです!

 

そーなると、

裸足のほーがいいのかと

思う方もいてると思いますが、

靴を履くことによって

得られる複数の利点も

捨てがたいです(ー_ー)!!

 

その靴には、

危険な地形、

極端な天候、

感染因子から保護、

さらには、

動作制御、

安定、衝撃吸収

衝撃分散、

グリップ力の増加。

 

このような靴の設計要素は

接地期においてかかと接地が

もたらす高い衝撃力の低下に

役立ち、さらに中敷きによって

衝撃の負荷率が低下し、

腰回りの筋肉への負担も

減るようです!!

 

さらにパフォーマンスにも

違いがでる可能性も

あるみたいですが、

もっとマニアックになってくるので

このへんでやめときます<m(__)m>

 

すべては書きませんでしたが、

どちらにしてもメリットと

デメリットがあります!

ただし一般的なランナーが気にする

必要はあまりないかもしれません。

 

なによりもトレーニングと同じで

フォームが大事ですから♪♪